メリットが沢山あるM&Aの仲介【信頼できる業者にサポートを頼む】

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加
メンズ

会社の譲渡に必要な業者

企業の存続のためにM&Aを選択するオーナー社長が増えています。そこで利用される仲介業者には、会社の経営理念や社長の価値観をも理解できるスキルが問われます。その価値観を共有できるような相手先企業を紹介することが必要だからです。

男性

信頼できる業者を選ぶ

M&Aの仲介業者は、豊富なノウハウと相手起業に関する情報を保有しています。これを活用することで、スムーズな交渉が期待できるのです。なお、M&Aの交渉には気をつけるべき点も多く、交渉が平行線になった場合には、妥協点も見出さなければなりません。このような場合に、仲介業者が果たす役割は大きいものです。

ホワイトナイトとは

中年男性

敵対的買収での対抗策

M&Aは二通りあって売り手と買い手が対等な立場で交渉を行い、双方共にメリットのある「友好的買収」と買い手が売り手の同意を得ずに株式を買い占めて経営に参加しようとする「敵対的買収」があります。敵対的買収は買収する会社の株式数の半分を握れば経営権を奪われることになり、これで事実上買収が成功することになります。こうした敵対的買収は買収する企業の技術やノウハウを手に入れることを主眼としていることが多く、買収が完了したら事業の統廃合やリストラが行われることに繋がる恐れがあるので買収された会社やその従業員にとって決して幸せな結果にはなりません。こうした敵対的買収を防ぐには会社独自による敵対的M&A防衛策を敷く必要があります。

信頼できる企業に依頼する

買収する側はTOB(市場公開買付)を仕掛けることで株式所有率を更に増やしていきます。TOBは本来の株式価格である10から20%以上もの上乗せされた金額で買い取るのが相場なので、これをやられることで一気に経営権を握られてしまう恐れがあります。敵がTOBを仕掛けるならばこちらもTOBを仕掛けるのが得策ですが、多額の資金が必要となりますので体力のない企業にとっては厳しいです。そこで敵対的M&Aの対抗策である仲介者に入って貰い、友好的M&Aを行って貰うのです。これをホワイトナイトと言います。しかし株式保有率が過半数を超えればせっかくのホワイトナイトも無駄になります。そこでTOBで敵よりも更に大きな株式買取金額をアップして買い占めを行います。買い占め合戦が加熱すると仲介者側の負担も大きくなるので、多少の痛手を負うことになります。そのためホワイトナイトの成功の鍵は仲介側の組織力と資金力次第です。そして信頼のおける仲介者であることがホワイトナイトを依頼する重要なポイントであると言えるのです。

会社譲渡のサービス

男性と女性

M&Aによる事業承継を行うことで、さらなる発展も望めるようになります。適切な仲介アドバイザーに依頼することで、経営理念を共有できる会社に経営権を譲渡できるからです。さらに不要なトラブルを避ける形でM&Aを成立させることも期待できます。